訃報を知ったら?

「心(想い)」を「形(カタチ)」に変える3つの方法

1 弔問する。

服装

(男性) 一般的にはブラックスーツ、白シャツ、黒ネクタイ、黒靴下、黒靴。
(女性)一般的にはブラックフォーマル、黒バッグ、黒ストッキング。アクセサリーは結婚指輪&パールに止める。

香典

表書きは「御霊前」が一般的です。住所、氏名(フルネーム)、金額を、明確に記入するようにします。
香典の金額は、故人とのおつき合いの深さや、贈り主の年齢によって異なります。一般的には3,000円~10,000円が目安です。

2 弔電を打つ。

弔電とは

突然の訃報に対し事情があって通夜葬儀に参列できない場合のお悔やみの 気持ちを伝える方法です。
弔電では故人を喪主との関係に基づく敬称で呼ぶのが慣わしです。
一例ですが、喪主の父親は「御尊父様」、母親は「御母 堂様」、祖父母は「お祖父様」「お祖母様」 です。
夫は「旦那様」、妻は「御令室様」、息子は「御令息様」、娘は 「御令嬢様」です。

3 弔花(供花)。

供花とは

故人の供養のためにお供えする花のことをさします。お供物などと同じように、祭壇に供えます。
供花スタンドは入り口もしくは祭壇の左右に(広い会場の場合)飾ります。